福井支部

福井支部 の記事一覧

2020年 福井支部

2021年03月30日(火曜日)

今年になって、福井支部では大切な仲間が3名も天国に旅立たれました。残念な思いでいっぱいです。
中でも故 松宮昴先生は、昭和27年から示現会展に出品し、令和元年まで名誉会員としてご活躍され、福井支部の礎を築かれた一人です。
私が絵を始めたのも松宮先生の指導があったからです。
現在は、そんな先生の功績や作品を沢山の人に知ってもらおうと、福井支部を中心とした有志が集まり、古典や画集制作に取り組んでいます。
また、福井支部としては、10月に福井示現会展(支部会員の作品展)と公募展を予定しています。コロナ禍においても安全に配慮しながら活動していきたいと思います。

2019年 福井支部

2020年01月07日(火曜日)

長年に渡り陰日向となって福井支部を支えて頂きました湯淺支部長が高齢となり、2〜3年前から責務を果たせないと申し出があり、後任者を探しておりましたが、ようやく決まりました。新支部長は内藤利博と申し若干46歳と歳は若いのですが、人望もあり責任感も強く、絵に対する姿勢も人一倍持っております。
新体制が発足し我々支部員一同胸を躍らせて支部を盛り上げようと取り組んでおります。皆様方の熱きご指導とご支援を賜り、育てて頂きますようお願い申し上げます。

今後の福井支部行事計画
9月 写生会
10月 示現会福井支部会員作品展
12月 示現会福井巡回展

2018年 福井支部

2019年01月15日(火曜日)

大雪の積った今年の冬に、本部より来福して頂いた成田禎介先生と湯淺廸哉支部長のもと本展出品作品の仕上げポイントを絞り、的確に指導をして頂きました。
そのお陰により第71回示現会本展の国立新美術館には18名が出展いたしました。会員推挙1名準会員推挙3名会友推挙2名と立派な成績を上げることが出来ました。
平成30年度福井支部行事計画
2月 本部成田禎介先生、湯淺支部長の指導による作品仕上げ 福井支部総会
9月 人物デッサン会 まなべの館
10月 示現会福井支部会員作品展 鯖江市 まなべの館
12月 福井支部総会

2017年 福井支部

2018年01月29日(月曜日)

第70回示現会福井巡回展は6月22日から26日まで、展示会を待ちわびていた大勢の地元愛好者を迎え福井県立美術館で盛大に開催することが出来、今後に期待の持てる展示会となりました。
今回は初来福となりました桜井淑子理事の陳列指導を受け。展示後は桜井理事から支部員個別にご指導頂き皆が心を熱く致し次回作の参考とすべく聞き漏らしのないよう熱心に耳を傾けました。
今回で5回目を迎える支部公募の『若越美術展』にも力作揃いの出展を多く得ることが出来ました。
今後の支部行事ではモデルデッサン会、支部員作品展の後、本展出品作品研修が控えております、先生方のご指導を宜しくお願いします。

2016年 福井支部

2017年03月01日(水曜日)

第六十九回示現会本展、国立新美術館には、福井支部二十名全員出品展示されました。受賞一名、会員推挙一名、会友推挙三名、初入選二名の成果を得ることができました。

本年度示現会巡回福井展は休展しました。

平成二十八年度支部行事

二月
絵画研修会二日間
本部成田禎介先生、湯淺支部長ご指導で本展出品作品の仕上げ

五月
福井支部総会 主に七十周年記念示現会巡回福井展について

九月
人物デッサン会 湯淺支部長にご講評を頂く。パレア若狭

十月
示現会福井支部会員作品展 鯖江市まなべの館にて